日々の情報についてはブログをご覧ください

毎日のお昼ごはんやおやつは「こなか給食室」

https://blogs.yahoo.co.jp/konaka_kitchen/

子どもたちの活動や園の取り組みは「こなかっこ通信」

https://blogs.yahoo.co.jp/konaka_hoikuen

保育士さん募集中!

当園の方針や取組みに関心のある方はお問い合わせください(^^) ブログページからの非公開コメントでも結構です。


046-242-1668

当園案内

園の概要

設置主体社会福祉法人喜慈会
園長・施設長大塚貴史
職員数職員10名(保育士8名、事務職員1名、調理師1名)
定員39名 (0歳児3名、1歳児4名、2歳児6名、3歳児8名、4歳児8名、5~6歳児10名)
対象0歳児(3ヶ月)~就学前
開所時間

通常保育 7:30~18:30 (平日,土曜日)

時間外保育 7:00~7:30, 18:30~19:00 (土曜日の時間外保育はありません)

      延長料金が必要です。 

休園日日曜日・祝日 年末年始

保護者の方にご用意いただくもの

日必要なものと、毎週最初の登園時に必要なものがあります。チェックボックスで揃っているか確認してください(^^) 

<毎日必要なもの>

3~5歳児

  • 通園用バッグ (下記の物が入り大きさで、子どもが持ちやすければOK

  • 水筒(お茶or麦茶)

  • ごはん用ナフキン、お箸・スプーン・フォークセット

  • ひも付き手拭きタオル、赤白帽子、着替え、着替え袋、汚れ物用ビニール袋(1~2枚)、シール帳(実費700円)

2歳児

  • 通園用バッグ (下記の物が入り大きさで、子どもが持ちやすければOK

  • 水筒(お茶or麦茶)

  • 食事用エプロンorスタイ、口拭き用タオル(1枚)、ごはん用ナフキン、スプーン・フォークセット

  • ひも付き手拭きタオル、赤白帽子、着替え、着替え袋、汚れ物用ビニール袋(1~2枚)、連絡帳(実費100円)

  • (排泄の自立状況に応じて)紙おむつ、お尻拭き

1歳児

  • 通園用バッグ

  • 水筒(お茶or麦茶)

  • 食事用エプロンorスタイ、口拭き用タオル(3枚)、ごはん用ナフキン、スプーン・フォークセット

  • ひも付き手拭きタオル、赤白帽子、着替え、着替え袋、汚れ物用ビニール袋(1~2枚)、連絡帳(実費100円)

  • 紙おむつ(10枚)、お尻拭き

0歳児

  • 通園用バッグ

  • 水筒(お茶or麦茶)

  • 食事用エプロンorスタイ、口拭き用タオル(3枚)、ごはん用ナフキン

  • ひも付き手拭きタオル、着替え、汚れ物用ビニール袋(1~2枚)、連絡帳(実費100円)

  • 紙おむつ(10枚)、お尻拭き

留意事項:

※ 紙おむつは袋ごと預けるのも可能です。

※ 着替えは、泥んこ遊びや畑活動でかなり汚れることから、パンツなど下着の替えもお願いします。靴につきまして、外遊び用・泥遊び用に、園に置き靴していただいても結構です。


<月曜日に持参し、金曜日に持ち帰るもの>

  • 敷布団、タオルケット(夏)、毛布(春、秋、冬)、掛布団(冬)

  • 上記すべての布団セットが入る布団袋

  • パジャマ、パジャマ袋


留意事項:
※ 敷布団および掛布団はできるだけ洗濯可能なものをお選びください。洗濯が難しい場合は必ず布団カバーを付けてください。
※ 冬場の布団も寒暖調節可能なものをご準備ください。
※ お手数ですが、週末のお洗濯・日干しをお願いいたします。

慣らし保育

      慣らし保育期間は、原則、5日間です。

    初日~2日め 11:00 お迎え(昼食なし)

    3~4日め    12:30 お迎え(昼食あり、お昼寝なし) 

    5日め     13:30 お迎え(昼食、お昼寝、おやつあり)

  ただし、お子さんの園での様子および帰宅されてからの様子について、ご家庭と情報を共有した上で、さらに慣らし保育を長くする場合がありますので、ご了承ください。慣らし保育は、お子さんによっては強くストレスを感じることがありますので、あわてずにゆっくりと馴染ませてあげたいと思います。

見学時間のお願い

     園見学は予めお電話をお願いいたします。午前活動はお散歩など外出していることが多いため、16時頃が対応しやすいのですが、お電話で調整させていただきますので、お気軽にお知らせください。

園の沿革

 法人申請の母体となる子中保育園は昭和54年4月から認可外保育所として発足しました。

 園名には、地域名の「子中」に根ざす思いと、子ども中心の園であるという意味の「子中」の、ふたつの「子中」の思いが込められています。保護者、保育士、地域の方々が一体となり、一人ひとりの子どもにきめ細やかに対応しながら、子ども達が安心して過ごせる場を提供してきました。

 また、保育を取り巻く環境は大きな変動を遂げ、平成20年3月には保育所保育指針が法制化され、保育所の役割と機能が広く社会的に重要なものとして認められる中、当園においても保育所保育の役割や社会的責任、保育の目標や方法、保育環境などの更なる保育の質の向上をめざして取り組んでいます。

 平成28年、これまでの取り組みと多くの方々のご協力により、社会福祉法人化と認可保育所としての運営を認めていただきました。今後は、社会福祉法人喜慈会子中保育園として、これまで以上に、様々な方々や組織・機関などと連携を図りながら、開かれた保育所として、充実した健全な保育所運営と、地域の子育て力の向上に貢献してまいります。