日本保育協会

2020.5.22

保育実践研究の最優秀賞受賞について、タウンニュース厚木版がweb版に掲載してくださいました!丁寧な記事にしてくださり、ありがとうございます(^^) https://www.townnews.co.jp/0404/2020/05/22/527819.html

2020.4.

第14回日本保育協会保育実践研究にて、今年も去年に引き続き、最優秀賞を受賞することができました。ありがとうございました!

ホームページでも紹介している「いいとこさがし」という友だちの良いところを見つける遊びの活動の記録です。「いいとこさがし」はもともと臨床心理学がご専門の國分康孝先生の構成的エンカウンターグループという集団カウンセリングのエクササイズで、対人関係づくりの研修に活用されています。

今回の受賞論文では、この活動を年長さんが行った様子を記録しました。年長さんの保護者のみなさんが活動に関心を持って関わってくださったことが大きかったと思います。2年連続、嬉しい受賞でした(^^) 大野亜海・大塚裕子「『いいとこさがし』で育まれる伝え合いと協同性」

2019.10.16

日本保育協会主催の日本保育協会女性部中央研修会(自由民主党本部)で、当園の伊藤と大塚が研究発表の機会をいただきました。テーマは「子どもの主体性を育む」。
   発表タイトルは、「『自己選択を重視したお別れ遠足のデザインと実践』をなし得たもの」です。仁愛大学教授の石川昭義先生からコメントやアドバイスをいただき、貴重な学びの機会となりました(^^)

2019.3.8

日本保育協会第13回保育実践研究・報告において、当園の伊藤保育士と桑田保育士が、優秀研究賞と研究奨励賞を受賞した件について、タウンニュース厚木版で丁寧に取材していただきました!詳しい記事です。ありがとうございます(^^) https://www.townnews.co.jp/0404/i/2019/03/08/472808.html

2019.2.1

日本保育協会第13回保育実践研究・報告において、当園の伊藤保育士と桑田保育士が、それぞれ優秀研究賞と研究奨励賞を受賞しました!子どもたちひとり一人と向き合う保育実践の積み重ねが実を結びました(^^)

受賞論文・応募論文 (クリックするとPDFファイルが開きます)

日本保育協会2019最優秀賞

日本保育協会2019最優秀賞

日本保育協会2018優秀研究賞

日本保育協会2018優秀研究賞

日本保育協会2018研究奨励賞

日本保育協会2018研究奨励賞