日々の情報についてはブログをご覧ください

毎日のお昼ごはんやおやつは「こなか給食室」

https://blogs.yahoo.co.jp/konaka_kitchen/

子どもたちの活動や園の取り組みは「こなかっこ通信」

https://blogs.yahoo.co.jp/konaka_hoikuen

保育士さん募集中!

当園の方針や取組みに関心のある方はお問い合わせください(^^) ブログページからの非公開コメントでも結構です。


046-242-1668

食物アレルギーの考え方・対応と栄養摂取について

   中保育園で、子どもたちに対して除去食の対応をさせていただく食品は、食物アレルギーの負荷検査によりアレルギー反応が出たものに限定します。近年、食物アレルギーについては、医師の間でも知識・情報に差があるため、当園では、昭和大学医学部小児科で、アレルギー指導医(専門医の指導者)の資格を持つ、今井孝成先生の知見に基づいた対応をいたします(現在、副園長・大塚裕子および専任調理師が今井先生の講義を受講済み)。


 アレルギーの子どもたちが増えた、と言われていますが、専門医の診断によれば、正確な検査による食物アレルギーと診断される子どもはごくわずかです。食物に起因するかどうか不明な蕁麻疹や体調不良が見られた場合は、かかりつけ医でなく、ぜひ一度、下記に挙げた専門医にご相談ください(かかりつけ医が専門医でしたら不要です)。なお、「日本アレルギー学会」のホームページ(http://www.jsaweb.jp/)で、東京や横浜、その他神奈川県の専門医・指導医も調べることができます。


蕁麻疹や体調不良が食物由来のものでなければ、本来は摂取できるはずの栄養が摂取できない状況になってしまいます。アレルギーをご心配されて食物制限することにより、最近では、低栄養や偏食が懸念されています。幼児の低栄養は成長・発達への支障だけでなく、病気の発症にもつながります。大人の偏食とは異なるため、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


子中保育園では、認定保育園から認可保育園に移行して以来、給食における栄養価の高さや、食材の豊富さも変化してきています。とくに専任調理師の着任以来、子どもたちの成長や子どもたちが楽しめる食事を重視し、献立も多種多様になりました。子どもたちの成長・発達と豊かな食育のため、上記のとおり、除去食は専門医の診断にもとづく場合に限らせていただきます。どうぞご理解をよろしくお願いいたします。


 どうしても、体調不良が心配な場合は、食物由来でなく、免疫力の低下や他の病気の可能性も高いと思いますので、医師にご相談ください。また、献立表をご確認のうえ、お弁当のご対応をよろしくお願い申し上げます。


 <参考:厚木市および海老名市の専門医> 日本アレルギー学会、20183月現在の情報による


海野 浩寿  小児科  厚木市立病院


大眉 寿々子  内科 呼吸器科 湘南厚木病院


大森 剛哉  耳鼻咽喉科 アレルギー科 (医)大森耳鼻咽喉科医院


冨田 尚吾  内科 呼吸器 日産自動車テクニカルセンター地区診療所


村藤 大樹  小児科  海老名こども診療所


箕浦 克則  小児科 小児呼吸器 (医)JMA海老名総合病院


佐藤 加代子  小児科  (医)JMA海老名総合病院


天野 彰人  皮膚科  海老名皮ふ科クリニック


大島 充一  内科 小児科 大島クリニック(海老名)


弓野 陽子  内科 呼吸器科 ゆみの内科クリニック


なお、厚木近郊でも、相模原病院、東海大病院をはじめ、指導医がいる病院も多数あります。ぜひご確認ください。